[Japanese Version | English Version] 本文へジャンプ








株式会社 墨運堂
〒630-8043
 奈良市六条1丁目5−35

悠久2000年の歴史をもつ墨つくりは、その時代、時代のニーズにこたえながら、今日に至るまで文化の継承、書画芸術発展の素材としての道を歩んでまいりました。墨のかもしだす幽玄の美は、今では欧米においても高く評価されつつあります。
弊社は、この日本の伝統産業である墨つくりを、単なる技術の継承のみならず、新しい知識・技術・素材を取り入れつつ皆様のニーズに応じて、個性的で魅力ある墨の研究、開発を続けていきたいと念願しております。時にはそうした新しい墨によって新しい芸術が花開くことを夢見ております。今後ともよろしくご指導のほど、お願い申しあげます。


新 着 情 報

2016/06/13(月)
「【斬新文具】知らない間に “筆” が進化していた! 指にはめて文字を書く「ゆび筆」が面白い!!」
という内容で「ゆび筆」を紹介していただいています。

2016/06/06(月)
文紙MESSE2016が開催されます。詳しくは下記を参照下さい。

2016/1/28(木)
テレビ東京「ありえへん∞世界」の取材を受けました。2/2(火)午後6:57より2時間スペシャル番組内で放送されました。

2015/12/14(月)
リンク集にアート家計図様を追加させて頂きました。「奈良墨と吉野和紙」欄に弊社の墨を紹介していただいています。

2015/12/09(水)
書画用品の価格改定を2016年2月より行わせて頂きます。詳細はこちらよりご確認ください。
         











 

        

新製品紹介

◎写経用紙が2つ出来ました。
[うすかげ写経用紙]薄和紙の裏面に手本が薄く印刷されています。
[中字なぞり書き般若心経]大きな文字でトメ・ハネ・ハライがはっきり見えます。
詳細は製品紹介ページへ。⇒写経用紙

◎布書液が出来ました。
布に直接描いて乾燥させるだけで液が定着します。準備・後処理が面倒という人にオススメです。
詳細は製品紹介ページへ。⇒布書液 極

◎華衣墨液が出来ました。
固型墨と同じ煤の取り方を採用した、今までにない墨液です。
詳細は製品紹介ページへ。⇒華衣

◎高級液墨が出来ました。
「芯焚き菜種油煙」を原料とする高級油煙の固型墨を微粉末にし、丁寧に練り直して液体墨にしました。
詳細は製品紹介ページへ。⇒液墨(高級油煙)