がんこ一徹長屋



紹 介

全国の8割を占める生駒、高山の茶筅。室町時代

天正年間、豊臣秀長が尾張の陶工与九郎を招き茶陶

に茶道の祖といわれる村田珠光と親しかった

鷹山城主の次男、宗切が考案したといわれ、

長い間、一子相伝、門外不出の産業でした。

第24代久保良斎次男・左京が職人技を見せます。



正面入口



お問い合わせは

     Tel:0742-41-0527