キニヌール 説 明 剪定と塗布 塗布後 治療例 商品紹介

キニヌールは樹木専用の保護剤です。化学合成で作った殺菌剤は含まれておらず、
その効力は2000年の歴史と自然の摂理を利用した環境にやさしい保護剤です。

キニヌールの成分

  煤煙(スス) と 樹脂 

各成分の効能

○ 煤 煙

 主成分は煤煙です。この煤煙は歴史が古く、中国の漢の時代の墳墓から墨書きされた木簡、
竹簡が多数発見されています。日本でも奈良時代の木簡、竹簡が発見されています。
煤煙自体空気中、水中に長時間さらされていても変化をしない物質であることが証明されています。
細菌や酵母菌にもおかされません。人体には医薬品としても使用されています。
(胃薬としたり、**丸と言ったような薬に使われています。)

○ 樹 脂

 樹脂の内、合成糊材は煤煙を水中に浮かすためと乾燥後の柔らかめの皮膜形成を目的に使用し、
キトサンは力この甲羅から採れる高分子で、乾燥後は強靭な硬い耐水性の皮膜を作ります。
合成糊材でできた皮膜は柔軟性はありますが耐水性に欠けるので、
キトサンの被膜形成で補強します。樹木の成長を促進させる効果や防腐効果もあります。

キニヌールは先人の生活の知恵をフルに活用させた
自然体の保護剤で、手や人 体、動物、植物に付着しても
安全です。