oku-ndo 本文へジャンプ

ふしぎな模様のつくりかた

マーブリングは、造形活動のイメージを拡げます
 水溶性顔料の新素材、マーブリングは、にじみ絵やマーブル染(カラー墨流し)が手軽にできる絵具です。これらは偶然にできる色と形の面白さを利用する技法なので、絵が苦手な子でも楽しくでき、絵を好きになるチャンスをつくることができます。 またこれらの技法は幻想的な画面を作りますから、お話の絵や空想の絵でイメ―ジを拡げ、想像力を培うのに大きな助けとなるでしょう。子供の発達に応じて、偶然の利用から意図的な操作へと、表現を深めていけるのも特長です。 子供たちが、そのユニークな感性を発揮する手がかりを、このマーブリングは持つています。
 暮らしにゆとりができ、手づくりがもてはやされていますが、どうも“手づくり”を買つてくることが、その実情のようです。 でも本当は、それでは満足しきれないのです。 たった一つの存在である自分を、表現したくてたまらないのです。毎日のおしやべりもおしやれもその表れです。おしゃべりするように、毎日少しずつ、身のまわりに自分で作ったものをふやしていきませんか。 偶然の面白さを生かすふしぎ染なら、特別な技術はいりません。新素材のマーブリングは、紙でも布でも、簡単にふしぎ染ができるように開発されているからです。気軽に思いがけない美を楽しんで下さい。

フリースタイル かすみ模様  さざなみ模様  ぼかし模様
マーブリング染めの基本模様です。自由に割り箸等でインクが浮いている水面を波立てないようにゆっくりと動かします。割り箸の動かし方、息の吹きかける角度、強さにより千差万別の模様ができます。 色が広がったら、水面を割り箸などで静かにかき回しきます。かき廻す速さ、かき混ぜる割り箸の太い細いで、模様が粗くなったり細かくなったりします。 指先に微量の油気をつけ、広がった色の中心に指先を軽く触れます。油が広がり、その部分だけ透明になります。 再度同じ事を繰り返します。 全体に色が広がれば、フッと息を吹き付けます。(ストローを使うとコントロールがしやすくなります)

色が広がった水面に、紙(布)をゆっくりおろしながら手前に引くと、濃くなります。反対に、押しながらおろすと、薄くなります。ねじりながら降ろすと、ねじれた濃淡ができます。
二重写し模様 水書き模様 部分染め模様 型抜き模様
一度染めたものを完全に乾かして再度染めます。マーブリングインクは淡く染められますの、で初めの模様と二度目の模様が透けて見えます。D.のぼかし染め、G.の部分染めなどを利用して立体感のあるふしぎ染が楽しめます。 筆に良く水を含ませ、染めたい紙に絵・文字等を書きます。濡れている間に素早く染めると、その部分だけ染まらず白く抜けます。使用する紙によってニジミが変わります。  色の広がった水面に油気(整髪料など)を指先に少しつけ、軽く水面に触れます。自然に油が水面に広がりインクは一方に寄せられます。油の広がっている所が白抜きになります。同じ様に指先に油をつけて動かすと自由に白抜きの場所がコントロールできます。 新聞紙で好きな形に切り抜いた型紙を、模様が広がった水面に浮かべます。型紙は初めは反り返りますが、しばらくすると水面に浮きます。この時に模様を写し取ります。白抜き、部分染め等型紙の切り抜きによってバリエーションが楽しめます。