竃n運堂                        本文へジャンプ
写経を始める人が、最初に取りくむのは、ほとんど般若心経でしょう。各宗共通で、短く、仏教の エキスの経ですから、写経といえば心経写経と言われるほど、昔から愛されてきました。
 般若心経は、佛教で最も良い経典 「大般若経」の真髄を抽出して、組み立てられたものだと言われます。 現在、広く読誦されている心経は、「西遊記」の三蔵法師で親しまれている玄奬の訳によるものです。


写経の用具
写経は、長文の細字を階書体で書くため、文房具も、それに適したものを選ぶことが、美し く書上げる第一歩です。 墨運堂の写経セットには、写経に適した最良 の文房具を、すべて揃えましたので、初めての方でも安心して写経に専念していただけます。

●筆
 わりあい腰が強く、毛先の鋭い、兎毛(紫毫)やイタチ毛(狼毫)が良いでしょう。形は、穂 先が鋭〈突出しているもの、あるいは錐状の面相筆が最適です。  セットには、二種類の面相筆 (イタチ毛)を選びました。
 唐筆 (中国産) では、双料写巻、写巻、極品写巻小楷、五紫五羊毫、七紫三羊、特製大七紫 三羊毫、極品鶏猿毫、小精工、叶筋筆、(上海工芸製、蘇州湖筆製) が良いでしょう。
 筆をおろすときは、指先で穂先をていねいにもみほぐし、水につけて糊気を取り、その上で 磨墨液を含ませます。使用後は、穂先を水洗いするか、穂先に水を含ませて反古紙で毛先を揃え ながら、形を整え、保存します。

●墨
 墨も、小型で上質のものを選びましょう。写経には、粘らず、のびが良く、光沢に牙えのあ る漆黒色の墨が適しています。  この条件に合うのは、国産の油煙墨です。セットには、手焚き油煙墨 (菜種油を昔ながらに 手焚きしたもの)を選びました。古くなるほど使い良くなります。 (写経墨・天爵)  墨を磨るときは、硯の陸に、ごく少量の水を入れ、力を入れずにゆっくり磨ります。少し濃 い目にする方が良いようです。
 使用後は、反古紙で十分に水気をぬぐい去り、直射日光、湿気をさけて保存してください。  なお、紺紙などの色紙には、金・銀墨を使います。

●硯 
数滴の水で般若心経一巻が書けますので、小型で質の良い硯が望まれます。 写経セットには特別に写経に適した形に作った硯を入れました。
 特徴は墨池があることです。普通の硯とは違い、すり始めの薄墨の一部を、墨池に流し込ん でください。残りを平面の方で、少し濃い目にすって使います。  磨墨液は、時間と共に水分が蒸発し、粘ってきます。そこで墨池の薄墨を筆の先につけ、磨 墨液と混ぜあわせ、適当な濃さにもどして書くのに大変便利です。  使用後は、必ず墨を洗い流して、次の写経に気持ちよく使えるようにしておきましょう。

●紙
 写経には罫の入った紙を使います。紙質は、墨のにじまないものが適しています。  写経セットには、最適の用紙を入れました。この用紙は写し書きができるように薄くて、墨 がにじまず墨のりも良く、紙の縮みも少なく造られています。   
サイズは、お寺によってまちまちですが、小社のセットには、最も伝統的な写経の寸法の紙 を選びました。
 この他、黄色、茶褐色、紺色、紅色、紫色、藍色染紙などの紙も使われます。