墨運堂              石を彫る 本文へジャンプ
 


印の種類 彫り方による違い

 陰刻(白文)

文字の部分を彫り込み、他は残します。印肉をつけて押すと、
文字が白く残るので”白文”と呼びます。

 陽刻(朱文)


文字と輪郭を残し、他を削り取ります。印肉をつけて押すと、
文字と輪郭が赤く残るので”朱文”と呼びます。

 

 陰・陽刻併用(朱白文)


画数や疎密の関係で、面白い効果をねらうとき、
この方法をとることがあります。


篆 刻
秦の始皇帝が、字を統一してつくったのが小篆。それ以来店書というと小篆を指します。そして、その書体を印に彫ったところから篆刻という言葉が生まれました。けれども現在では、篆書以前の古文、隷・楷・行・草・仮名・ローマ字など、さまざまな書体が彫られており、篆刻は、印を彫ることの代名詞となっています